December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Link

Recent Trackbacks

« 結局薬局 | Main | なんでもやってみろよ そっからだよ »

これから

チキンハートと青の稲妻を見ます(DVDで)。

« 結局薬局 | Main | なんでもやってみろよ そっからだよ »

「Diary or Memo」カテゴリの記事

Comments

「青の稲妻」はとても好きなんですけど、どうでした?

すごく良かった!
さいこー!
こういう心のひだひだが描かれている作品が一番好きかも。
でも、なんで青の稲妻っていう題名なのかよくわかんないや。

原題は曲名「任逍遥」ですよね。最後のバイクのシ-ンからとったのかな。
自転車でくるくる回って別れるところとか、バスの中で何度も立ち上がっては座らされるところとか、ジャ・ジャンクーの映画の中でも一番好きな映画です。エチカの命がけで好きな映画100のうちの1本です。

自転車でくるくる回って別れるところ、そうだね。あのシーンは歴史に残るね。間違いない。ジャ・ジャンクーは、今回はじめてなんで他の観たことないし、近くのレンタルビデオ屋にないから当面観れないのが残念!

で、エチカさんは今どこに住んでんの?
kuwabara.biz知ってる?

今も、関西に住んでますよ。
kuwabara.bizは知ってます。不動産投資家ですね。
私も「資本論」新訳読んでます。面白いです。

話は代わりますが、親しい人の死に直面すると、世間のあれやこれや、会社のあれやこれやはどーでもいいように思えますね。

資本論新訳ですか。そういえば、本屋で見たような。アマゾンでチェックしてみます。

親しい人の死。つらいですね。死に際しては、映画も音楽も小説も何の力にもなりませんしね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9991/4800760

Listed below are links to weblogs that reference これから:

» 「青の稲妻」(中国・日本・韓国・仏/ジャ・ジャンクー監督) [サーカスな日々]
舞台は山西省の大同(ダートン)というありふれた地方都市。シャオジイ(ウー・チョン)は蝶のタトゥーをもつ年上のダンサー、チャオチャオ(チャオ・タイ)を追っかけまわす。友人のビンビンとその女友達ユエンユエンはビデオ部屋でのデートを繰り返すがキスひとつ交わすことができない-------。 前作「ピクニック」は、山西省のフェンヤンというこれもありふれた地方都市の文化活動をする劇団の若者たちの、ジリジリするような焦燥の時間を描�... [Read More]

« 結局薬局 | Main | なんでもやってみろよ そっからだよ »

amazon