December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Link

Recent Trackbacks

« ぼくは病人なのでもっと優しくしてください。 | Main | この »

松本さんとの出会い

電車から降りようとすると何かが落ちる音がする。
シャチハタだ。
もちろん、ぼくはシャチハタなんて持ち歩かない。

「落ちましたよ。」

どうもご親切に、お兄さん。

「ども。ん?」

と、シャチハタのふたをあけてみる。

<松本>

ぼく、松本じゃありません。


「これおれのじゃないや。」


ここで気転が利かないところが、小熊猫の小熊猫たるゆえんである。

別に何も考えず、というか何らの対処を思い浮かばずそのまま電車を降りちゃった。

だって、ドア閉まっちゃうでしょ。

一瞬、駅長室とか届けようかな、とか思っちゃたけど。


たかが、シャチハタだし。


別にいいでしょ。


でも、このまま手に持ってるのもなんだし。

かばん入れちゃいましょうか?

でも、おれ松本じゃないしなぁ。


あ。

おれのシャチハタの朱肉切れそうだったような気がする。

松本さんごめんなさい。


朱肉だけ使わせてもらいます。


松本さんは新しいの買ってね。

« ぼくは病人なのでもっと優しくしてください。 | Main | この »

「Diary or Memo」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9991/139125

Listed below are links to weblogs that reference 松本さんとの出会い:

« ぼくは病人なのでもっと優しくしてください。 | Main | この »

amazon